データベースの設定は3種類。

  • DB CFG・・・個々のデータベース単位で設定
  • DBM CFG・・・DB2インスタンス単位で設定
  • レジストリ変数・・・マシン上全てのDB2インスタンスに設定

データベース構成パラメータ

データベース単位で指定して、調整するパラメータ

確認方法

CLPから確認する場合

 >db2 "GET DB CFG FOR ${database_name}

SQLから確認する場合

SELECT * FROM SYSIBMADM.DBCFG

更新方法

 >db2 "UPDATE DB CFG FOR ${database_name} USING ${parameter_name} ${parameter_value}"

データベースマネージャ構成パラメータ

DB2インスタンス全体に影響を与える。

確認方法

 > db2 "GET DBM CFG"

SQLから確認する場合

SELECT * FROM SYSIBMADM.DBCFG

更新方法

 >db2 "UPDATE DBM CFG USING ${parameter_name} ${parameter_value}"

レジストリー変数

特殊な設定を行うためのパラメータ

確認方法

 > db2set -all

SQLから確認する場合

SELECT * FROM SYSIBMADM.REG_VARIABLES

更新方法

 >db2set ${parameter_name}=${parameter_value}"

グローバルレベルで設定する場合

 >db2set -g ${parameter_name}=${parameter_value}"